結婚後の生活費について考えよう!

生活費

夫婦となれば、カップルのときより「お金」について考えることも多くなるでしょう。

もしかすると、お金のことが引き金となり、ケンカしてしまうこともあるかもしれません。

何かあったときに揉めてしまうことがないように、事前に生活費やお金について話し合ってくださいね。

 

生活費やお金について考えるべきこと

生活費はどちらが負担するのか?

第一に、生活費をどちらが負担するのかは、大きな問題です。

  • 食費
  • 住宅費
  • 光熱費
  • 雑費
  • 車関係のお金
  • ……

などなど、生活費はさまざま。

共働きの場合は、

  • 完全に折半にするのか?
  • 「住宅費と光熱費は夫」「食費と雑費は妻」など用途に分けて負担するのか?

といったことを、あらかじめ考えておくことをおすすめします。

 

個人の財産について

結婚後におふたりが協力して得たお金は、夫婦の共有財産となります。

しかし、「自分のお金は、自分のもの!」としっかり分けたいご夫婦もいらっしゃいますよね。

ふたりのお金をどのようにして分けるのかは、とても重要な問題です。

なお、共働きの方の場合には、一定額を「ふたりのお金」として家庭に入れ、残りを「自分のお金」にするご夫婦もいらっしゃるようです。

どこからが個人のお金なのか、そしてどこからが夫婦のお金なのか、しっかりと考えておきましょう。

 

お小遣い制にするのか?

お小遣い制の家庭は多いですが、「自分のお金は、自由に使う!」という家庭も少なくありません。

お小遣い制にするのか、自由にお金を使えるかたちを採るのか、事前に考えておきましょう。

 

お金は誰が管理するのか?

お金の管理をどちらが行うのかも重要です。

家計簿をつけておくと、管理がしやすくなります。

ですが、

  • 「ふたりとも忙しくてそんな時間がない…」
  • 「お金のことを考える余裕がない…」

などということもあるでしょう。

  • どちらの口座に生活費や共有財産を入れておくのか?
  • 毎月のお金の管理は誰がするのか?

をおふたりで考えてみてくださいね。

 

貯金はどうするのか?

  • 毎月の貯金額はいくらにするのか?
  • ボーナスはどのくらい貯金するのか?

などもしっかりと考えておきましょう。

また、貯金をする際は、「貯金の用途」を考えることが重要。

  • マイホームのための貯金
  • 老後のための貯金
  • 旅行のための貯金
  • 万が一病気になったときの貯金
  • ……

など、用途に合わせて、何にどのくらいのお金が必要なのか検討してみましょう。

 

まとめ

以上、生活費やお金について考えるべきことを確認してきました。

事前にしっかりとお金について話し合っておくことで、お互いの価値観や考え方を認識できます。

デリケートな問題ではありますが、時間があるときに話し合いの時間を設けてみてはいかがでしょうか?

 

SNSでもご購読できます。